草笛大ちゃん の 活動ブログ

「草笛大ちゃん」こと、大松茂夫が日々何気なく思いついたこと、また、本音・息抜きなどをほんのちょっと紹介するブログです。
飾り雛 ディサービスの 主役なの
0
     少しずつ春の足音が近づいて来ているようで、もうすぐ「桃の節句」を迎えようとしています。デパートやスパーなどでは商魂たくましく利用客の感心を引くためか、エンドレス仕掛けで童謡「うれしいひな祭り」のメロデイーを流し続けています。昨日は月一のボランティア活動を実施しました。


     特養ホームフロアーの「飾り雛」、あと少し主役の座で君臨していたい。

    施設では毎年、干支に関わる絵・文字を掲載しています。先月ボランティアの時カメラを忘れてしまい、ブログの作成ができませんてせした。

    草笛演奏、アルファー波を醸し出す努力をしながら吹いています。

    鼻笛演奏、音の高さは8〜12Hz(練習時のおと)で、α波が誘引されます。

    この日が80歳の誕生日の利用者、最後にみんなで「バースデー・ソング」を歌いお祝いしました。

                            清瀬讃歌
                                        作詞・星野哲郎
                                        作曲・池辺晋一郎
          ”霏¬遒 面影のこす
                赤松の 森を歩けば
                   人の世の 濁りも消えて
                      やさしさが この身を包む
                         絵のまち 情のまち 好きだよ清瀬
                            絵のまち 情のまち 好きだよ清瀬

          ⊃誉犬 社会にささげ
               生きていく 人のつよさよ
                闇を焚く 火の花祭り
                     誇らかな 願いがこもる
                       慈のまち 愛のまち 好きだよ清瀬
                         慈のまち 愛のまち 好きだよ清瀬

          手をつなぎ 未来をめざす
                木漏れ日の けやき通りよ
                   ブロンズの 天使は踊り
                     うららかに オナガもうたう
                        美のまち 詩のまち 好きだよ清瀬
                           美のまち 詩のまち 好きだよ清瀬

          い笋錣蕕の 心が通う
               柳瀬川 桜並木よ
                 しあわせを 分け合いながら
                   水鳥も 翼を洗う
                     和のまち 夢のまち 好きだよ清瀬
                        和のまち 夢のまち 好きだよ清瀬

    ◎清瀬讃歌は、市民の皆さんが自分の住んでいる"清瀬のまち"を愛し、誇りを 持てるような歌を作りたいという思いから、清瀬市と創立50周年を迎えた日 本社会事業大学の関係者が協力し企画・製作したものです。作詞家は演歌作 家の星野哲郎さん、作曲はクラシックの池辺晋一郎さんにお願いしました。 この組み合わせは我が国でもユニークなものです。

    「思い出・出来事など」
     少しでも楽しく・何か思い出に残るようなことに配慮しながらボランティア活動しています。「清瀬讃歌」は、市内の情景が歌詞に込められてあります。利用者みんなが歌えるよう指導することにしました。

     
    | - | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    シーズンに 備え準備が 大わらわ
    0
       草笛修行で懐古園に行って来ました。天気予報を参考にして決行しましたが、穏やかな春の陽射しに恵まれ「当たり」でした。1ヶ月振りでしたが、思いの外に雪が少なく園内は日陰になるところだけが残っているようです。小諸は標高が高いこともあって時間の経過とともに帰る頃には風が冷たく肌を刺すようでした。


      駅から地下通路を歩いてすぐの三の門、春の陽射しに屋根瓦も光っていました。

      懐古園傍の小諸流手打そば宗家「草笛」の全景、盛りそばは量も多く満足です。

      シーズンは現役で活躍している「そば石臼挽き用の水車」、もう少し冬眠しているようです。

      懐古園内、石垣沿いの日陰部分にだけに雪が残り圧雪状態なっています。

      笹藪のもと付近、、、「草笛再生機」は故障中の張り紙がありました。

                                   贈る言葉
                                                作詞・武田鉄矢
                                                作曲・千葉和臣

                   ○暮れなずむ町の 光と影の中
                         去りゆくあなたへ 贈る言葉
                            悲しみこらえて ほほえむよりも
                               涙かれるまで 泣くほうがいい
                                 人は悲しみが 多いほど
                                    人には優しく できるのだから
                                       さよならだけでは
                                          さびしすぎるから
                             愛するあなたへ 贈る言葉

                   ○夕暮れの風に 途切れたけれど
                         終わりまで聞いて 贈る言葉
                            信じられぬと 嘆くよりも
                               人を信じて 傷つくほうがいい
                                  求めないで 優しさなんか
                                     臆病者の 言いわけだから
                                        はじめて愛した あなたのために
                                           飾りもつけずに 贈る言葉

                    ○これから始まる 暮らしの中で
                          だれかがあなたを 愛するでしょう
                             だけど私ほど あなたのことを
                                深く愛した ヤツはいない
                                   遠ざかる影が 人混みに消えた
                                      もうとどかない 贈る言葉
                                         もうとどかない 贈る言葉
       
      ◎贈る言葉は海援隊の歌。武田鉄矢が主演した「3年B組金八先生」の主題歌 として使われた。元来叶わなかった愛を歌う「ラブ・ソング」として書かれ た曲であった。1980年以降では、山口百恵の「いい日旅立ち」等とともに、 学校の卒業式の定番曲となっている。武田がラジオ番組の発言では、作曲し た千葉が映画「エデンの東」のテーマに影響を受けた。歌詞の一部を太宰治 の小説「斜陽」の台詞を元にしたとも言っている。

      「思い出・出来事など」
       草笛再生機が故障していたため、それに変わるものとなるように訪れた観光客の記憶に残るよう配慮した積もりです。そんな中で大阪から訪れた70代のリピーターは、6年程前に石垣の上で聞いた草笛の音が忘れられないと話していました、、、。園内は所々、雪解けによる悪路のところが目立ち、補修作業に追われている作業員が忙しく立ち向かっている姿が印象的でした。



       
      | - | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      笑い顔 地域のふれあい 大切に 
      0
         懸案となっていたボランティア活動を終え一安心しました。「ひょんな」ことから腐れ縁となり「草笛・鼻笛」コンサートが延び延びとなていましたが、「ふれあいお茶会」で実現しました。


        定期的に開催している地域自治会の運営で、市からの補助金があるのだという。

        黒板に「ふれあいお茶会」の予定が掲示してありました。

        病院の院長先生が「肝臓ガン」について講話しているところです。

        千葉県御宿町で運営に関わっている指導者から招待券が届きました。節目の20回を向かえたそうです。ブログの閲覧者でご都合の付く方は足を運ばれては如何でしょうか。

                麦の唄
                   作詞・作曲 中島みゆき
                   鼻笛演奏・ 大松茂夫

         ○なつかしい人々 なつかしい風景
           その総てと離れても あなたと歩きたい
            嵐吹く大地も 嵐吹く時代も
             陽射しを見上げるように あなたを見つめたい
              麦に翼はなくとも 歌に翼があるのなら
               伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと
                麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく

         ○大好きな人々 大好きな明け暮れ
           新しい「大好き」を あなたと探したい
            私たちは出会い 私たちは惑い
             空よ風よ聞かせてよ 私は誰に似ているだろう
              いつか信じる日を経て 一本の麦となる
               生まれた国 育った国 愛する人の国
                麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく

         ○泥に伏せるときにも 歌は聞こえ続ける
           「そこを越えておいで」 「くじけないでおいで」
            どんなときも届いて来る 未来の故郷から

         ○麦に翼はなくとも 歌に翼があるのなら
           伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと

            麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく
             麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく

        ◎NHKの連続テレビ小説「マッサン」の主題歌として制作。また、"あきらめな い"日本人へと応援歌のオファーを受託。日本人のウィスキー造りに奔走し た夫婦の物語りにちなんで、イントロにはスコッチ・ウィスキー発祥地・ス コットランドの民族音楽であるバクパイプを用い、苦しい時代を生き抜いた 日本人への力強い応援歌となっている。

        「思い出・出来事など」
        昨年のこと、福生草笛の会のメンバー2人が草笛の練習に来てくれたことがありました。そのとき駐車場に止めていた「草笛・鼻笛号」のステッカーを見た人から、是非にと請われ本日の「ふれあいお茶会」が実現したものでした。予定された60分の時間は童謡・唱歌・懐メロなどを中心にトークを交え楽しみながら楽しんで戴いたと思っています。




         
        | - | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        草笛と 向き合う心 大切に 「ジリーズ〆」
        0
           草笛と出会い節目の50年、これまでに出会い・感じたことを振り返って見ました。垣間見えて来たことは、吹く側と聞いてくださる側との「心」が大切であるということ。今後とも切磋琢磨を図る中で更なる継続をするためには、これまで以上の練習と自己研鑽が必要であるということ。旅人の思い出作りのために・説経に変え小諸「懐古園」で、22年間に亘り草笛を吹き続けた横山祖道老師から見れば、まだまだその領域に達するには乖離があると感じています。


          懐古園内の大欅、推定樹齢500年と言われています。

          説経の代わり草笛を吹き続けた横山祖道老師、笹藪のもとで、、、。

          小諸懐古園「あずまや」、訪れた親子に是非に頼まれて思い出に、、、。

          長野県のゆるキャラ「アルクマ」君が訪れ、大手門脇の石垣で、、、。

          懐古園すぐ傍にある「惜別の歌」の歌碑前で、岡山・大谷さん、日野草笛の会の皆さんと、、、。

                                      「坊がつる讃歌
                                                           作詞・神尾明正
                                                           作曲・竹山仙史
                             ○人みな花に 酔うときも
                                   残雪恋し 山に入り
                                      涙を流す 山男
                                         雪解の水に 春を知る

                             ○ミヤマキリシマ 咲き誇り
                                   山くれないに 大船の
                                      峰を仰ぎて 山男
                                         花を情を 知る者ぞ

                             ○四面山なる 坊がつる
                                   夏はキャンプの 火を囲み
                                      夜空を仰ぐ 山男
                                         無我を悟るは この時ぞ

          ◎「坊がつる」は、大分県の九重町にあり、大船山、中岳、平治岳、三俣山、 白口岳などの九重連山に囲まれた標高1,300m前後の小盆地です。かっては、 天台宗の霊場で本坊弘蔵坊があったことから「坊がつる」と呼ばれる。「つ る」とは、水流のある平坦地を指す。1952年(s27年)九大生が山小屋の番を 頼まれ、悪天候で宿泊者は無く退屈しのぎに山の名を組み込んで歌作りした もの。

          思い出・出来事など
           草笛道に終わりはありません。ボランティア活動の更なる充実を図るために必要なこと、それはその場に相応しい内容が沢山詰まっていることになるのでしょうか?そうするためには「日々の練習」をする中で、その日の「メニューと構成」を頭の中に描き準備すること。実際の運営方法も「音楽療法」の取り組みを参考にしながら、与えられた時間を自分も含めて楽しめるような工夫をすること。健康管理に配慮しながら「心技体」とも三拍子そろったベターな状態で諸活動に望みたい。



           
          | - | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          癒し音の 素朴な音色 いろあせず 「回顧シリーズ─
          0
               どのようにすれば草笛を上手にマスターすることが出来るのでしょうか?草笛の上達法は日々の練習以外に術が無いと思っています。鍵盤楽器や弦楽器等のように調律・調弦することの出来ない草笛は、吹くことで音階を・音程を身体に覚え込ませるのです。そのためには、できるだけ吹く機会を数多く持つことで、感性度を高め・広げるものと思います。なかなか音が出ない・出せない等悩んでおられる方も多いと思いますが、「支点」と言う言葉を大切にし・探りながら日々の練習をするように心がけましょう。


            童謡「叱られて」の歌碑巡りで、台東区谷中の全生苑の参道を、、、。

            山梨県甲州市内の向嶽寺境内にある、童謡「花かげ」の歌碑前で献歌。

            小諸での草笛修行の時、懐古園「あずまや」に訪れた地元の子ども達と、、、。

            「カタクリ祭り」の時、道路に座り草笛の音に耳を傾ける将来の大物。

            環境整備作業の後、200人ほどの親子が「草笛コンサート」で疲れを癒しました(新潟県加茂市で)。

                                 広い河の岸辺
                                                   スコットランド民謡
                                                   訳詞・やぎりん
                      ○河は広く 渡れない
                            飛んでゆく 翼もない
                               もしも 小舟が あるならば
                                  漕ぎ出そう ふたりで

                       ○愛の始まりは 美しく
                             優しく 花のよう
                                時の流れに 色あせて
                                   朝露と 消えていく

                        ○ふたりの舟は 沈みかける
                              愛の重さに 耐えきれず
                                 沈み方も 泳ぎ方も
                                    知らない このわたし

                         ○河は広く 渡れない
                               飛んでゆく 翼もない
                                  もしも 小舟が あるならば
                                     漕ぎ出そう ふたりで

             ◎スコットランド民謡 O Waiy Waiy が原曲です。アメリカに渡り、1960年代の初期にアメリカンフォークブームの時にいろいろな歌手が歌っています。日本ではNHKの朝ドラ「花子とアン」の中で、カナダから来たスコット先生が歌っていた曲として知られています。また、2014年11月に宮城で開催された「日本のうたごえ祭典inみやぎ」でも歌われました。

            「思い出・出来事など」
             草笛を吹く切っ掛けを作る時に人口笛を使うときがあると思いますが、そうすることで大抵の人は難なく音が出せるようになります。しかし、本物に移行すると人口笛のように上手くは行きません。それは人口笛の時にあった「支点」が無くなってしまうからなのです。このことをもう一度自分自身で考え、本物の葉っぱで吹くときに「支点」を探し出す工夫を忘れないようにしましょう。必ず見つけ出すことが出来るはずです。
            ・週末て言うこともあって、公園には親子連れが多く見られました。そんな中で草笛の音を聞いて近寄って来た3〜4歳と思われる子供が、親の手から離れて落ち葉の上に横になり「コロコロ」と横たわっているではありませんか、、、? 吹くのを止め、思わず笑ってしまいました。ははぁ〜。やっぱり彼の大脳に「アルファー波」が発生し、パホーマンスを披露してくれたのだろう、、、と。


             
            | - | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            • 1/57PAGES
            • >>